動画広告は静止画よりも一度にたくさんの情報を伝えられるため、視聴者の印象に残りやすいことも効果の高い施策といわれる一つの理由です。 動画が人に与える情報量は、写真やテキストに比べ約5,000倍ともいわれており文字よりも視覚的により多くの情報を短時間で伝えることができます。 また動画は前述で紹介したように最も情報量を多く伝えることができるため、情報量の多い訴求をする必要がある商品の訴求はもちろん、認知度向上のために、またブランディングにも効果的な施策だと考えられます。

Sample Movie

Interview

製作実績

Actual introduction

つり具のマルニシ様:Youtube広告用動画

第一テック様:会社紹介動画

paper vs movie
商品やサービスの魅力をつたえる!

手元に残る、永遠の魅力

紙媒体はただの情報伝達手段に留まらず、物理的な存在感を持っています。
特典があるDMやチラシは即購入ではなくても、後から購入するケースや保管したものを見つけ、再認知してくれることもあります。長期間にわたり保たれるメッセージ性は、紙ならではの魅力です。

「動画に関する意識調査」では、
74%もの人が商品購入前に動画を視聴、
59.9%
が「Youtuberや一般の人が商品に関して紹介している動画」をみている!

販売コンペに勝利する!

見やすさ・使いやすさに優れている。
視認性が高くインプットしやすい!!

限られた紙面の中で明瞭かつ読みやすさが求められるため、限られた特定のモノを強調し、伝える事に長けています。また、資料等の一部分を見たいときすぐに見ることができます。
保管性が高く、繰り返し読むことや確認するのに適しています。
この即時性と利便性は、紙媒体が長年にわたり愛され続ける理由の一つです。

動画だと圧倒的な情報量
内容を伝えることができる!!

15秒の動画を1枚1枚の静止画に分解すると約450枚もの情報量に相当するといわれており、動画広告が視聴者に与える情報量は圧倒的です。

動きがつくと印象が
潜在的に残りやすい

人間は本能的に動くものを目で捉えるといわれています。そのため、静止画広告よりも動画広告の方が潜在的に印象に残りやすく、動いているか否かで同じ内容の広告でも効果が異なるのです。

優秀な人材を確保する!

信頼性の高さと紙媒体の不変性

紙媒体は、簡単に修正できないからこそ、発信する内容を精査し、正しい情報を届けることが重要な媒体です。
そのため読者はこの物理的不変性に安心感を見いだし、信頼される情報源として紙媒体を重宝されています。それは、時代が進む中でさえも変わらぬ、紙の価値と言えるでしょう。

静止画では伝えにくい
リアルさを表現できる

動画では紙や静止画だけでは伝えにくい、リアルな現場を伝えることができます。その場で働く人の表情や雰囲気など、これからの求人競争には必要不可欠な要素を伝えていくことが大切です。

耳からのアプローチにより
誘導効果が高まる

動画広告で成果が出やすい理由の一つは、人間の五感のうち「視覚」と「聴覚」に訴えることができるからです。同時にアプローチできる動画広告なら、イメージに対応した音と映像の組み合わせによって、従来の静止画広告よりもさらに印象に残る広告に仕上げられます。

ALL動画で解決
ALL動画で解決ピクトグラム

動画の〝可能性〟を体感してください

ご発注後の流れ

〇会社PR動画(2分)の場合

1. 打ち合わせ(約1か月)
ご発注いただきましたら、まずは打ち合わせを行い、どのような動画を作成していくか計画をしていきます。ヒアリング形式でコンセプト、ターゲット等を決定していきます。 また、撮影現場の下見をさせてもらい、撮影の段取りを組ませていただきます。 現在撮影できない場所や、行事等の動画素材をご提供いただくこともございます。
2. 撮影(1日)
弊社撮影スタッフが現場に向かわせてもらい、事前打ち合わせをもとに撮影させていただきます。
3. 編集(一週間)
撮影動画を2分の動画に編集していきます。撮影動画に効果音やBGM等を加え編集していきます。
4. 校正
編集した動画をご確認いただき、修正、再確認の作業になります。
5. 納品
完成した動画をMP4形式で納品させていただきます。

ご予算に応じて用途に合わせた動画づくりもご提案させていただきますので、まずはご相談ください。

CONTACT
株式会社ウイング

〒640-8411 和歌山市梶取17-2